Unknown Tree

From Vancouver


カナダ・バンクーバーに1年住んでみて思ったこと、感じたこと。

tag Experience, Life

こんにちは、ANNAです。日本は一足早く2017年を迎え、お正月ムードかとは思いますが皆様いかがおすごしでしょうか?私、12/21をもってカナダにきて1年の記念日を無事に迎えることができました。今回はカナダに1年住んでみて思ったこと、感じたことを振り返りながら書かせていただきます。

意外と日本食が食べられる。

日本を出るとき「しばらく日本食ともお別れか〜。」と覚悟はしていたのですが、移民国家のためか、お米、お味噌汁、ポン酢等々といった食材や調味料は買えますし、日本食のレストランに入れば「焼きうどん」や「たこ焼き」が食べられるところもあります。ただ、やはり輸入しているせいか割高ですね。1.5〜2倍ほどの値段で売られているのを見かけます。ちなみに日本食向けの調味料は「コンビニ屋」、「Fujiya」または「T&T」で揃えることができます。

外食が高いので、自炊をしたほうがよい。

私、日本にいた頃はドリアで有名なファミレスチェーン店をこよなく愛しておりました。そんな人間でしたので、カナダにきて初めて外食をしたときに驚いたのがそのお値段。どのお店もだいたい1人最低$12〜(+チップ2%〜4%)ほどですね。日本のように500円ワンコインでお昼ごはんなんてものは無いに等しく、ファストフードも安くて$4〜なので私はカナダに来てから滅多なことがない限り自炊してました。

土足で家に上がることがあまりない。

これは結構びっくりでしたね。よくある北米ドラマや映画ないだと、完全に土足で家の中を歩き回っているイメージだったのですが、家に遊びに行ったりすると「あ、靴脱いでね。」と言われることが多いです。おそらくそこに住んでいる人によると思うのですが、この1年、土足で家に入るということをしたことがありません。

夏は明るく、冬は暗い。

日本の場合だと、一年を通しての日照時間って夏と冬でそんなに差がありませんよね。もちろん、多少は日が暮れるのが早くなったりしますが、ここバンクーバーの場合は日照時間が夏は4:00〜22:00まで、冬は8:00〜16:00までとなっています。そう、夏は1日のうち18時間は明るいままなんです。ひとしきり友達と話していて「まだ明るいからヘーキヘーキ」なんて思っていたら21時だったなんてこともあります。笑 さらに、夏は湿気がないので日陰や建物内にいれば扇風機だけで乗り切れます。冬の場合は乾燥がひどくなるので、保湿クリームは必需品ですね。

憎きゴキブリがいない。

日本に帰りたくない理由の一つなのですが、嬉しいことにバンクーバーにはゴキブリがいません。周りの人たちにも聞いてみましたが、「うーん、そういえば見ないねえ、ゴキブリ。」とちょっとした話題にもなってました。ただし、かわりに「シルバーフィッシュ(紙魚/シミ)」と「ファイヤーブラット」というのがいるようなのですが、ゴキブリほど大きくもなく、繁殖力も強くなく、出たとしても殺虫剤をまけば簡単に駆除できるとのこと。日々強化版ゴキブリに怯えてた日本での生活とはうってかわって快適です。笑

最後に

この1年、英語を喋れるようになるため奮闘したり、仕事を得るためひたすら勉強したり、ビザを間違えられていて働けなかったり色々ドタバタな年でした。来年はインターンシップが始まるのと、カナダが建国150周年を迎えるということもあり、楽しみや不安もありますが、怪我や病気なく健康にすごせればいいなと思います。みなさんにとって良い一年になりますように!

記事内リンクまとめ:
この記事をシェア:

関連する記事: